そばにいるよ☆

いったん秋の涼しさから夏の蒸し暑さに戻ってしまった凜家地方~朝からエアコンフル稼働の一日でした(最高気温31.6℃)




ただ、夜23時になって気温が23.5℃に下がったので、エアコンを切って窓を全開にしました…





こんなふうに涼しくなったのは夕方にわか雨(雷はナシ)が降ったから…





昨日『雷シェルター』を作ってもらった凜はどうしてたかな…





こちらはあさんぽ後、エアコンの効いた居間でくつろぐ4柴たち…

IMG_9564 (960x1280).jpg

↑ 1階の居間です…





このあと2階に上がって、ずっと2階で過ごしていた4柴たちですが、夕方4時頃から、雲行きが怪しくなって、雨が降り始めると、雷は鳴っていないのに、凜のハァハァが始まりました…

IMG_9614 (1280x960).jpg

↑ 1階のシェルターへ連れて行こうかとも思いましたが、ひとりぼっちの暗い部屋で恐怖に耐えるよりは、一緒にいてあげたほうがいいのかなと思って、抱っこしてソファの私のとなりに連れてきました…





しばらく「大丈夫だよ」と声をかけながら背中を撫でていると、呼吸が穏やかになってきました…

IMG_9615 (960x1280).jpg

↑ まだお耳の角度がピコーンとアンテナみたいでヘンですが





となりで寝てる純は何にも気にしてないのにね…





今日は雷は一度も鳴らずに、雨もザァーッとだけど、ちょっと降ってやんだので、これで落ち着いてくれました






今日は一緒にいてあげられたからよかったけど、問題は留守中に雨が降りだしたときだな~昨日のブログにコメントくださった小雪っぺさんのおっしゃる通り、留守番中の対策をじっくり考えることにします…





幸い、去年仕事を引退したので、以前ほどお留守番する時間は多くなくなりましたが、「絶対ない」とは言えないので、やっぱり考える必要があります…





年齢を重ねてから、こんなふうに怖いものが変わることってあるようですね…





インスタで同じような経験されたかたからたくさんコメントいただいて、初めて納得しました…





以前は全然平気だったのにな…って思って、過去のブログを検索してみたら、こんな写真が出てきました…

IMG_5068 1 (1280x960).jpg

↑ 2015年8月2日、東北旅行中の青森のモヤヒルズキャンプ場のテントの中の4柴たち~実は外はバケツをひっくり返したような雨と雷なのに、平然と寝ています…





はこんなふうにしてたんですよ

IMG_5070 1 (1280x960).jpg

↑ テントの中で、余裕のへそ天チョイチョイ





何がきっかけで今みたいに雨や雷を怖がるようになったのかは、わからないけど、「そばにいてあげる」ことが一番の安心材料のような気がします…




実は、我が家の先々代柴犬は年をとって、耳が聞こえなくなり、目も白内障で見えなくなった12~13歳ころから、それまで怖がってた雷が平気になりました…




「さすが年の功だね」なんて言ってたら、見えない聞こえないが原因で怖がらなくなったのでした…





がこの先、先々代と同じような道をたどるかもしれないし、そうならないかもしれないけど、ありのままの凜を受け入れてあげるしかないと思うのです…





今は、一緒にいることで安心できるなら、しばらく家事をほったらかしでも、背中をナデナデしてあげるよ





Instagramはコチラから→

https://www.instagram.com/linnmama/




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

かわいい かわいい

この記事へのコメント