柴犬凜の勇気凜々every day

アクセスカウンタ

zoom RSS 運命の日☆

<<   作成日時 : 2009/05/03 11:52   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 20

いつか書こうと思っていたテーマに今日はついにトライ
が我が家にやって来た運命の日、2008年10月10日のこと
画像


2007年11月20日、みんなに愛された先代わんこの綺々が15歳9ヶ月で亡くなりました。
画像


綺々は、今は結婚して独立した長男の中学入学祝いに我が家にやって来たわんこでした。
下の写真は最後の元気な写真。(階段を降りようとしているところ)
乳がんの切除手術後も15歳にしては、脅威の回復力で散歩にも行けるまでに。
画像


綺々の死後、「もう犬は飼わない」と決めて、寂しさを紛らわすように夫婦でいろんなところへ旅行しました。
伊豆、高山、金沢、白馬にスキー、奈良、横浜・鎌倉、九州一周、御殿場・伊豆、京都、北海道
そして、2008年10月9〜10日箱根
この旅の帰り道、芦ノ湖を散策中に、ふと言ってしまったこと。
「静岡県にある柴犬犬舎を訪ねてみない
ナビを頼りにたどり着いたそこは普通のペットショップで、柴犬♂が2匹。
「♀が見たい」とダメもとで言ってみたら、ご主人が車で別の場所に案内してくれました。
そここそが、柴犬専門の犬舎
柴犬がいっぱいいて、柴好きの私たちにはもう天国みたいな場所でした
はじめ、4ヶ月の可愛い♀を勧められ、抱っこしたんだけど、「やっぱりもっと小さい子がいいかな」ということで、凜を含む4匹の兄妹(♂2、♀2)を見せてもらいました。
♀の2匹は他の繁殖家の人に飼われることに決まってたのを、1匹譲ってもらえることに。
それが凜です。
「えっ、ちょっと待って、いつ飼うことに決めたの」って鋭いツッコミが
旅行中、何となく、「また犬を飼ってもいいかな」って話になってたし、何よりあのたくさんの柴わんこたちと目が合ってしまったときから、「飼おう」って決めたんでしょうね。
のイケメンのお父さんわんこにも対面しました。
それからが大変で、何の受け入れ準備もできてないまま、車で連れて帰ることに。
綺々のものはすべて一緒に天国へ送ってしまったので、とりあえずケージを用意しなくちゃ。
もしも犬を飼うならケージを譲ってくれると言ってたテツ君のママに、静岡から電話。
家へ帰る途中でテツ君の家に寄ってケージをいただいて帰宅した次第です。
沼津の鯵の干物より、箱根の温泉卵より、富士宮の焼きそばよりも凄いお土産として、凜は我が家にやって来たんです。
飼い主のドタバタぶりをよそに、5時間のドライブ中、ウンともスンとも言わない胆の据わった子犬でした。
↓やって来たその日、テツ君のおさがりのケージに落ち着いたばかりの凜です。
画像


そして次の日、みんなで悩んだ結果
画像


つくづく思うのは『ご縁』ということ。
いろんな場面で凜じゃない子がうちの子になった可能性もあったのに。
やっぱり、これは『運命』なんだね。
これからも、凜との毎日を綴って行こうと思っています。
最後まで読んでくださってありがとうございました


↓ ↓ ↓ にほんブログ村のランキングに参加しています! にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 親子飼いへ

柴犬 ブログランキングへ Instagram

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。愛犬との出会いは、来るべくして来たのだと思います。凛ちゃんも健やかに大きくなってね!先代のワンちゃんも見守ってくれていますよ。
beaglemix
2009/05/04 07:39
犬好きの人は前住犬との悲しい別れがありますね
美犬系のおとなしそうな綺々ちゃん家族に愛されて幸せだったって天国でありがとうって言っていますよ
そしてお礼に凛ちゃんをプレゼントしてくれたんでしょうね
綺々ちゃんにありがとうですね
我が家も前住犬ジョン君がいなくなって一年後毬が来たんですよ
ジョン君の分も可愛がって我儘娘になりました・・・


2009/05/04 09:41
先代の綺々ちゃんは15歳で手術なんて、すごいです。
凛ちゃんもどこか似ているのかな?美人さんは勿論だけど性格的に似ているかもしれませんね。いろんなお土産より、サプライズのお土産でしたね。
大切なお話ありがとうございました。
鈴母
2009/05/04 13:13
 待ってましたよ、この日を。
やっぱり運命としか言いようがないですよね。心の癒しを求める旅先で出合った凛ちゃんは、生まれた時から藍さんとこに迎えられる運命だったんですよ。縁がなければ、別の場所にいた凛ちゃんには会えなかったと思うし・・・。
お互いが引き合う出合いだったんですね。
沼津の鰺の干物も棄てがたい味ですが、何よりも素敵な出合い、おめでとうございます。
まろりん
2009/05/04 16:29
私もいつか別れが有る事は解かっていても、認めたく無いのが今の心境です。
そして、多分その後は飼わないって思うのもそうですよね。
藍さん凛ちゃんと、目が合ってピビ〜ってきたのですね。解かります。
運命なんですものね(^^)
ゲージの中の凛ちゃん、確かに胆の据わった感じ(^^)
綺々ちゃん、15歳9ヶ月って、長寿です。
絵留も目指しています(^^)v
りん子
2009/05/04 17:25
おおお・・・まさに運命ですね
運命って・・・掴む努力がどこかで流れていると思うので、凛ちゃんが今度は楽しみと明るさで返してくれるのでは・・・
LUNA
2009/05/04 17:59
凛ちゃんはご家族の誰かに似ていませんか?
ふとした表情、しぐさ、態度、性格。
凛ちゃんママ、パパ、お兄ちゃん、おねえちゃん、綺々ちゃん。おじいちゃん、おばあちゃんかも。
一人だけじゃなく、色々混ざっているかもしれません。
だって、み〜んな愛しい家族だから似ちゃってるんですよね。
凛ちゃんや綺々ちゃんのここが好き!っていうところは、ご自身がご自身の好きな部分だったりするもんです。
凛ちゃん、綺々ちゃんも藍さん家族と一緒にいて、絶対やすらぎを感じてます
間違いありません
小雪っぺ
2009/05/04 22:44
ワンコとは本当に運命の糸で導かれた様な気がします。大切なお話を有難うございました。それが又テツ君のケージ。凛ちゃんは子犬の時からテツ君の匂いのするケージでテツ君を感じながら育ったんですね。まさに「いいなずけ」ですね。凛ちゃんはブリーダさんが残しておきたいと思ってらしたワンコだから優秀なんですね。亡くなった綺々ちゃんは藍さん達御家族に感謝してるから凛ちゃんを引き合わせてくれたんですね。。。

2009/05/04 23:10
beaglemixさんへ☆
はじめまして、ようこそいらっしゃいました。
ちょっと重いテーマの時に来ていただいて恐縮です。普段はもっとお気楽な凜の日常を綴ったブログなので、よろしかったら、また覗いて見て下さいね。

2009/05/05 00:10
毬さんへ☆
綺々が凜に会わせてくれたというのは本当にそうですね。毬さんのとこも、ジョンくんから毬ちゃんへそういう巡り合わせがあったのでしょうね。

2009/05/05 00:17
鈴母さんへ☆
綺々は一生のうちに大きな手術を3回も受けています。1回目は車の窓から落ちる事故で横隔膜が破れて、内臓が全部上半身に上がってしまって。2回目は乳腺腫瘍切除とついでに避妊手術。3回目が、乳がん。よく頑張ってくれたと思います。
「お土産に柴犬買ったよ」と電話したら、留守番の子どもたち絶句してました。今では語り草になってますけど…

2009/05/05 00:48
まろりんさんへ☆
まろ君がまろりんさんのところへ来たのも、凜が我が家に来たのも、いくつもの偶然が重なってそうなったので、やっぱり『運命』というしかないですね。まろりんさんの『その日』以来、いつか書こうと思いながらなかなか書けなかったことをやっと書くことができました。
明日は綺々のお墓参りに行って来ようと思っています。

2009/05/05 00:59
りん子さんへ☆
綺々の晩年、りん子さんと同じことを私も考えてましたよ。絵留ちゃん、健康そうだから、大丈夫、綺々より長生きできますよ。お互い、1日1日を大切にしたいですね。

2009/05/05 01:07
LUNAさんへ☆
『運命の子、凜』も今は私のすぐ後ろで『へそ天』で爆睡中で、寝息が聞こえて来ます。運命の出会いを大切に毎日を過ごしたいと思っています。

2009/05/05 01:15
小雪っぺさんへ☆
ご指摘のとおり、言われてみれば、思い当たるフシがいくつか…凜の能天気なとこは私に似てるかも。

2009/05/05 01:27
姫さんへ☆
よそへ行くはずだった凜を譲ってもらったんだから、毎日を楽しく、ちゃんと幸せにしてあげなくてはと思っています。

2009/05/05 01:35
時を超えてやってきました。きららパパです。運命って、つくづくタイミングですね、
素晴らしい出会いに凛ちゃんの今後の成長に幸多からん事を!
きららパパ
2009/06/19 16:21
きららパパさんへ☆
はるばるお越しいただきありがとうございます。ラッキーちゃんときららちゃんと同じように、家の2匹にもご縁があったということですね。きららちゃんも、凜も先代が遠くで見守ってくれていると思います。

2009/06/20 01:36
なるほど、凛ちゃんも突然のことだったんですね。出会いは突然に!そしてそこから新しい運命の歯車が回り始める。
愛犬と死別した飼い主さんは、「もう犬は飼わない」って口では言いますが、みんな心の中にある「また一緒に犬と暮らしたい!」を押さえつけるための言葉ですよね。だから、凛ちゃんとの出会いは偶然でも突然でもなく、必然だったのかもしれません。
もうすぐ6年ですか。間違いなく出会いはお互いの幸せだったんですね。
鼓太郎&小夏
2014/09/26 11:29
鼓太郎&小夏☆
古い記事をお読みいただきありがとうございます。
今振り返っても、あのときどうしてブリーダーの犬舎に寄り道したのか不思議です。
これからもこの出会いを大切に、犬との生活を楽しみたいと思います。

2014/09/26 23:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
script*KT*
運命の日☆ 柴犬凜の勇気凜々every day/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる